ブルブルと震える

ドイツもコイツも嫌味な奴だ。
家主は散髪して帰ってきて、サブは冬毛がモコモコとお尻の周りで撥ねている。

コチラのお頭は寒風をマトモに受けるのに「人生は不条理だ」。
で、嫌味を1つ減らすためにサブの散髪という名の「ブラッシング」をした。
夜の9時過ぎにサブを捕まえるために少々(相当)運動をして、股関節をまた傷めた。
だって、通せんぼをした足の脇を猛ダッシュで突き抜けていくので、瞬間ギクッと…

それでも最後は母ちゃんが抱締めて浮気の証拠集めキャッチ!
サブも観念したが、両足がつかず不安なのかブルブルと震える。
その両足を下から押えながら母ちゃんがサブの毛を毟る。

わずか10分ほどだが、少し男前になって(メウサギはいないが)解放。
そそくさと段ボールハウスへ隠れて行った。

それでもオイラのお頭に乗せるには充分な量の毛を確保。
然し、殆んど白い毛。
おまけに絹のように細い毛なんだな、これが!

これでは頭にノリで貼り付けることも出来ず…
全く役に立たない野郎だ!