継続

細菌やウィルスなど病気を連れてくる微生物が肺の中へ忍び入り感染してしまい、肺自体が炎症反応を見せている事態を「肺炎」と総称しています。
物を食べるという行動は、食べようと考えた物をなんとなく口に運んで何度か咀嚼して後は飲み下すだけだが、その後身体はまことにまめに活動し続けて異物を人体に取り込むよう努めている。
チェルノブイリ原発の爆発事故のその後の追跡調査の結果からは、大人に比べると子供のほうが飛んできた放射能の深刻なダメージをより受けやすくなっていることを痛感します。
毎日の規則正しい、穏やかな日常生活の継続、腹八分目の実践、適度な軽い体操など、古典的とも言える自分の身体への留意が皮膚の老化防止にも活用されるということです。
アミノ酸のグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を悪くしたり突然変異を招く人体に悪影響を及ぼす物質を体の内部で無毒化し、肝臓の働きを促す能力が確認されています。
年々患者数が増加しているうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足することにより、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲不振、体重減少、焦り、極端な意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の様々な症状が2週間以上続きます。
30〜39才までの間に更年期が訪れたとすれば、医学用語で表すと「早期閉経(premature menopause)」という疾患のことを指します(この国の場合40才以下の女の人が閉経するケースを「早期閉経(premature menopause)」と定義付けています)。
「肝機能の衰退」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなどの数値で確認することができますが、ここ数年で肝機能が減衰している人々が微増しているとされています。
もし血液検査で残念ながら卵胞ホルモンなどの分泌量が基準値よりも足りなくてPOF(Premature Ovarian Failure)だと判明した場合は、少ない女性ホルモンを足してあげる治療で治せます。
軽傷の捻挫だと自己判断し、冷湿布を貼って包帯やテーピングなどで動かないように固定し、そのまま様子をうかがうのではなく、応急処置を終えたら素早く整形外科の医師に診てもらうことが、完治への近道だといえるのです。
車の事故や山での転落など、とても強い外力が身体にかかった場合は、複数の個所に骨折が発生してしまったり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、ひいては臓器が負傷してしまうこともあります。
なんとなく「ストレス」は、「無くすもの」「排除すべきもの」と思われがちですが、実を言うと、私たち人は多少のストレスを体験しているからこそ、生き続けることができています。
春と秋に患者が増える花粉症とは、杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの大量の花粉が因子となって、くしゃみ・目のかゆみ・微熱・鼻詰まり・鼻水などの辛いアレルギー症状を招く病気であることは言うまでもありません。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことや煙草・お酒・肥満といったライフスタイルの変化、ストレスに縁り、現在日本人に増加している疾患だといえます。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、膨大な研究によって、予防の効能を望めるのは、ワクチン接種日の約14日後から150日間位だろうということが分かりました。