インスリン

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓に在るインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまったことで、残念なことに膵臓からインスリンがほとんど分泌されなくなってしまい発症してしまう種類の糖尿病です。
学校や幼稚園などの大規模な集団生活をする中で、花粉症が要因でクラスメイトと同様に外で思いっ切り行動できないのは、患者本人にとっても残念なことです。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、手や足が無感覚になったり下肢の著しい浮腫みなどが代表的で、病状が進行してしまうと、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全なども呼び込むことがあるそうです。
近年患者数が増加している花粉症とは、森林の杉や檜、松などの大量に飛散する花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・目のかゆみ・微熱・鼻みずなどの色々なアレルギー症状を発症させる病気であることは言うまでもありません。
「時間に追われているように忙しい」「手間のかかる人との付き合いが嫌い」「あらゆる技術やインフォメーションの著しい高度化に付いていくのが大変だ」など、ストレスがのしかかる誘因は一人一人違います。
流感とも呼ばれるインフルエンザに対応している予防術や治療法というような基本の措置というものは、それが例え季節性インフルエンザでも新型のインフルエンザでもほとんど変わりません。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を含んだ精液や血液の他、女性の腟分泌液、母乳等のあらゆる体液が、交渉相手や看病する人などの粘膜部分や傷口に接触する事で、HIV感染の危険性が高くなってくるのです。
環状紅斑は環状、つまりは円い形状をした真っ赤な発疹や鱗屑など、様々な皮膚疾患の総合的な名前であり、その理由は誠に様々だといえます。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質を合成させるために働く色々な酵素や、細胞・組織などの代謝機能に関係している酵素など、200種類以上も存在する酵素を構成する要素として大切なミネラル分だといわれています。
ヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間で緩衝材に近い役割をする椎間板という名前の柔らかい線維軟骨が突き出た症状のことを指しているのです。
陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20〜30代の男の人症例が多く、ほとんどのケースでは股間部にのみ拡大し、身体を動かしたり、風呂上りのように体がポカポカ温まると強い掻痒感に襲われます。
ハーバード大学医学校(HMS)の研究結果によれば、通常のコーヒーと比較して1日2〜3杯はノンカフェインのコーヒーを代用することで、なんと直腸癌の危険性を半分も減らせたのだ。
塩分や脂肪の摂取過多をやめた上で簡単な運動に励むだけでなく、ストレスの少ないような生活を意識することが狭心症を誘引する動脈硬化を未然に防ぐ知恵です。
胸痛を主訴とする狭心症の外科手術としては大半の病院で「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」と「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス術(CABG)」という2種類の手術が一般的に使われています。
緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩こりや首筋のこりから来る肩凝り頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような強烈な痛さ」「重いような耐え難い頭痛と表現されています。