耳鳴り

春と秋に患者が増える花粉症とは、森のスギや檜、蓬などの花粉が素因となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・鼻詰まり・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を起こしてしまう病気だということは、今や常識となりました。
めまいが起こらず、苦痛を伴う耳鳴りと低音域の難聴だけを数回繰り返す症例のことを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病」というような事例も多いそうです。
トコトリエノールの機能の中では酸化を防ぐ機能がおそらく一番認識されていると思いますが、他にも肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの生成を抑えたりすることが確認されています。
食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、大別すると毒力の極めて強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と一方は毒の軽微なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種があるのです。
通常の場合骨折しない位のごく小さな力でも、骨の同一の個所だけに幾度も繰り返し連続してかかってしまうことによって、骨折してしまうことがあるので気を付けなければいけません。
季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、数多くの研究結果により、ワクチンの予防効果が望めるのは注射した日のおよそ2週後から150日間くらいということが分かりました。
バイ菌やウィルスなど病気を発生させる微生物(病原体)が呼吸とともに肺に進入し罹患し、左右いずれかの肺が炎症を起こした様子を「肺炎」と呼ぶのです。
環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと輪状、つまりはまるい形状の真紅色の湿疹など皮膚のトラブルの総合的な名前で、その原因は余りにも多種多彩なのです。
もし婦人科の検査で事実上エストロゲンとゲスターゲンの量が基準値よりも足りず早発閉経(early menopause)と分かった場合、不足している女性ホルモンを補填する治療等で改善できます。
ハーバード医科大学の調査によれば、1日あたり2カップ以上ノンカフェインコーヒーに変えると、あの直腸がんの発症率を半分も減らせたらしい。
一見すると「ストレス」というものは、「溜めてはいけないもの」「排除しなければいけない」と断定しがちですが、現に、ヒトは様々なストレスを感じているからこそ、活動していくことに耐えられるのです。
いんきんたむしは20〜30代の男の人多く見られる傾向があって、ほとんどの場合は股間の周辺だけに広がり、運動をしたり、風呂に入った後など身体が熱くなった時に猛烈な痒みに襲われます。
脚気(かっけ)の症状は、手や脚がマヒしたり下肢の浮腫みなどがよく起こり、病状が進むと、深刻な場合、呼吸困難に陥る心不全などを齎す可能性があるということです。
不整脈である期外収縮は、特に病気ではなくても出現することがあるため緊急の心臓病でないとはいえ、同じような発作が立て続けに起こるケースは危険です。
気分障害のうつ病というのは脳の中の神経伝達物質のセロトニンが足りず、不眠、憂うつ、疲労感、食欲の低下、焦り、意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図などの深刻な症状が出現します。