体温

チェルノブイリ原発の事故に関するその後の後追い調査のデータから、体の大きな成人に比べて体の小さな子供のほうが漏れてしまった放射能の悪い影響をより受容しやすいことが読み取れます。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は就寝中ではない状態で生命活動を保つ(心臓の鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋肉の緊張の維持等)ために要る最も低いエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。
2005(平成17)年2月以降新しく特保の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促す言葉を表記すること各メーカーに義務付けられている。
バイ菌やウィルスなど病気を齎す微生物、即ち病原体が呼吸とともに肺の中へ進入し発病してしまい、肺そのものが炎症反応を示した事態を「肺炎」と言います。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓にある血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が壊されてしまうことにより、残念なことに膵臓からほぼインスリンが出なくなってしまって発病してしまう自己免疫性の糖尿病なのです。
学校や幼稚園等大規模な団体生活で、花粉症の為にクラスの皆と等しく思いきり動けないのは、患者さんにとっても寂しいことです。
PCモニターの青っぽい光を抑える効果のあるPC専用の眼鏡が現在人気を博している訳は、疲れ目の予防に多くの人が苦労しているからだといえます。
脂溶性であるビタミンDは、Caが吸収されるのをサポートする機能が知られており、血中の濃度を操作して、筋肉の働きを調整したり、骨を作り出したりします。
肥満(obesity)というのは大前提として食事の栄養バランスや運動不足などが素因ですが、一緒の量のごはんだったとしても、あっというまに終了する「早食い」をしていれば体重過多に陥っている肥満の状態を招く可能性があります。
めまいが現れず、不愉快な耳鳴りと難聴の症状を何回も繰り返すケースの事を「蝸牛型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」と診断する症例もあるそうです。
突然発症する急性腸炎は、その大半が腹痛・悪心・腹下しの症状が出る程度で治まりますが、バイ菌の感染が原因の場合は強い腹痛・何度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38℃以上の高い発熱が通例だといえます。
花粉症というものは、多く植えられているスギや檜、ブタクサなどの虫によって媒介されない花粉がアレルゲンとなり、くしゃみ・頭重感・鼻詰まり・鼻水などのアレルギーを齎す病気だと広く知られています。
エイズウイルス、つまりHIVを含んでいる精液、血液を始め、母乳や腟分泌液といった類の体液が、交渉相手等の粘膜部分や傷口等に触れた場合、HIVに感染する危険性が高くなります。
ハーバード医科大学(HMS)の調査結果によれば、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上カフェインの取り除かれたコーヒーを飲用すれば、なんと直腸がんの罹患リスクを5割も減少させることができたとのことだ。
基礎代謝は人間が横になっていても使ってしまうエネルギー量のことで、大半を様々な筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・多量の糖質を必要とする脳で使っているというのが今や常識となっています。