分泌

塩分と脂肪の摂取過多は控えて続けられる運動を行い、ストレスを蓄積しすぎない暮らしを続けることが狭心症をもたらす動脈硬化を未然に防ぐ知恵なのです。
脂漏性皮膚炎というのは皮脂分泌の異常が主因で出る湿疹で、皮脂の分泌が乱れる要因として男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンの均衡の乱れやリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な不足等が大きいと言われているのです。
日々繰り返される折り目正しい日常生活の維持、腹八分目を心がけること、続けられる体操等、アナログとも言える健康に対する配慮が皮膚の老化防止にも関わっているのです。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、本人だけに聞こえるという「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように当事者以外の人にも高品質なマイクロホンなどを使用したりすると聞くことができると言われる「他覚的耳鳴り」があります。
「肝機能の衰退」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)等3種類の値によって判断することができますが、ここ数年で肝臓の機能が落ちている国民の数が明らかに増えていると言われています。
乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、現在まで採用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、平成24年9月1日から厚労省が接種を推奨する定期接種集団接種ではなく小児科などで接種するというスケジュール管理の必要な個別接種の扱いに変更されています。
吐血と喀血、いずれも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血は咽頭から肺に続いている気道から出血する状態で、吐血の方は無腸間膜小腸より上にある消化管からの出血のことを言い表しているのです。
ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が失効した後に発売されるもので、新薬と同じ成分で負担分を下げられる(クスリ代が高くない)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
男性だけにある内臓の前立腺はその生育や働きに雄性ホルモンがとても大きく関わり、前立腺に発生したがんも同様、雄性ホルモンの影響で肥大化します。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、3〜4日きちんとお薬を飲めば、一般的に約90%の患者さんの自覚症状は消失しますが、とはいえ食道粘膜の炎症そのものが癒えたとは断言できないので注意が必要です。
クシャミや鼻みず、鼻詰まりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギーを引き起こす花粉の放出された量に比例したように悪くなってしまうデータがあるとわかっています。
耳の中の構造は、外側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3種類に分類できますが、この中耳のところに黴菌やウィルスが感染し、炎症が発症したり、体液が溜まる病を中耳炎と呼びます。
2005(平成17)年2月以後新たに特保(特定保健用食品)のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の注意喚起の日本語の文章を表記すること義務となった。
突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、ほとんどの場合腹痛・悪心・嘔吐・腹下しを伴う程度で治まりますが、バイ菌の感染による腸炎の場合は強い腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38℃以上の高い発熱が通例だといえます。
脂肪過多に陥っている肥満は当たり前のことながら摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足などが誘因ですが、同じボリュームのごはんでも、短時間で食べ終わる「早食い」を日常化することにより脂肪過多に陥っている肥満を招きます。