油脂の摂取

めまいは起こらないのに、強い耳鳴りと難聴の2つの症状を数回発症するタイプの事を「蝸牛(カタツムリ)型メニエール病(Cochlear Meniere’s Disease)」という病名で診断する事がままあります。
常識的には骨折しない程度の弱い圧力でも、骨の同一のポイントだけに複数回繰り返し休みなく力が加わってしまうことで、骨折する事もあり得るようです。
内臓脂肪が多いことによる肥満が確認され、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、高血糖(こうけっとう)のうち2項目以上該当するケースを、メタボリック症候群と呼んでいます。
陰金田虫というのは、医学上は股部白癬という名称で、カビの仲間である白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、臀部などの部位にうつってしまい、寄生してしまう感染症で簡単に言うと水虫のことです。
BMIを計算する式はどの国でも同じですが、数値の評価基準は国単位でそれぞれ異なっていて、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22であれば標準体重とし、BMI25以上を肥満、BMI18.5未満は低体重と周知しています。
体脂肪量はさして変動がなく、体重だけが食物摂取や排尿等により一時的に増減するような場合、体重が増えたら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減った人は体脂肪率が上昇することがわかっています。
脳卒中のくも膜下出血(SAH)は90%弱が「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳内の血管にできる不要な瘤(コブ)が破裂して出血してしまう事が理由となって発症してしまう致死率の高い病気として認識されています。
ピリドキシンには、色々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクルと呼ばれるエネルギー源を燃やすために必要な回路へいれるため、再び細分化させるのを促す機能もあります。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常が主因で生じる湿疹で、分泌が異常をきたす因子としてアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのアンバランス、リボフラビンなどビタミンB群の枯渇等が考えられているのです。
人間の耳の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に大別されますが、この中耳のところに細菌やウィルスが感染することで炎症が起こったり、体液が滞留する病気を中耳炎と称しています。
世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、有害なUV-A波の著しい浴び過ぎが皮膚にトラブルをもたらすとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを使用する行動の禁止を広く世界各国に喚起しています。
脳内のセロトニン神経は、自律神経の調節や痛みを抑制し、様々な分泌物質の覚醒などを支配していて、気分障害(鬱病)の方では作用が低下していることが明らかになっている。
前立腺という生殖器はその成長や活動に雄性ホルモン(男性ホルモン)が密に関係していますが、前立腺に現れたガンも同様に、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの力で大きくなってしまうのです。
毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、現在までの膨大な研究により、ワクチンの予防効果を見込めるのは、ワクチン接種を受けたおよそ2週後から約5カ月間ほどだろうということが分かっています。
30〜39才までの間に更年期になるなら、医学用語で表すと「早発閉経(早期閉経)」という病のことを指します(この国では40歳未満の女の人が閉経することを「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と言っています)。