生活習慣

アメリカやヨーロッパでは、新しい薬の特許が切れた30日後、製薬市場の約80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に替わるという医薬品もある位、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界各国で採用されているのです。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)に存在している血糖値に深く関与しているβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまったことで、あろうことか膵臓から血糖値を正常に保てるだけのインスリンが分泌されなくなることで発症するという自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。
平成17年以後トクホ(特定保健用食品)の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起の文言の印字が義務付けられた。
子どもの耳管の特徴は、大人に比べると太い上に短めの形で、尚且つほぼ水平になっているため、ばい菌が侵入しやすくなっています。大人より子どもの方がよく急性中耳炎になるのは、これが関わっています。
チェルノブイリ原子力発電所事故の数十年に及ぶ後追い調査のデータでは、体の大きな成人に比べて若い子供のほうが拡散した放射能の深刻な影響をよく受けることを痛感します。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂分泌の異常によって発病する湿疹で、分泌の異常の因子としては男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの乱れやビタミンB群の慢性的な欠乏などが挙げられます。
30才から39才までの間に更年期がやってきたとすれば、医学用語で表すとPOF(Premature Ovarian Failure)という病を指します(我が国では40歳以下の比較的若い女性が閉経するケースを「早発閉経(早期閉経)」と定義します)。
現代の病院のオペ室には、手洗い場や専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を併設し、手術中に撮影するためのX線装置を置くか、そうでなければ付近にX線のための専門室を併設するのが通例である。
杉花粉症などの病状(鼻みず、鼻づまり、連発するくしゃみ等)のために夜間よく睡眠を取れないと、そのせいで睡眠不足の状態に陥り、翌日起きてからのすべての活動に良くない影響を与えることも考えられます。
大抵は骨折に至らない位のごく小さな力でも、骨の決まった所に複数回にわたって続けて力が加わることで、骨が折れてしまうこともあります。
インキンタムシ(陰金田虫)は20〜30代の比較的若い男性に多く見られる傾向があって、ほとんどのケースでは股間の周辺だけに広がり、激しい運動をしたり、お風呂上りなど身体が熱くなった時に強烈な痒みをもたらします。
鍼灸用のはりを体に刺してもらう、というフィジカルな程よい幾多の刺激が、神経細胞を活性化し、神経インパルスと称される電気信号の伝達を発生させるという考えが浸透しています。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に両手両足が無感覚になったり脚の浮腫みなどが一般的で、病状が進行してしまうと、深刻な場合、呼吸困難に陥る心不全なども誘発することがあります。
緊張性頭痛は肩凝り、首こり、張りから起こる日本人に多い頭痛で、「ギュッと締め付けられるような強い痛さ」「重くてたまらない耐え難い痛さ」と言い表される症状が特徴です。
なんとなく「ストレス」は、「消すべき」「除去しなければいけない」と断定しがちですが、其の実、我々は色々なストレスを感知しているからこそ、生き続けることができます。