隠れ肥満

「体脂肪率(body fat percentage)」とは、体内の脂肪の占有するウェートを指し、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪量(キロ)÷体重×100」という式で分かります。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食事内容の欧米化や煙草・お酒を毎晩飲む事・隠れ肥満等のライフスタイルの質の低下、ストレスなどに縁り、殊更日本人に多く発病している疾患だということができます。
チェルノブイリ原発事故に関する数十年に及ぶ後追い調査の結果によると、大人よりも未成年のほうが飛んできた放射能の深刻なダメージを一段と受けやすいことが見て取れます。
お年寄りや慢性疾患を持っている人は、一際肺炎を起こしやすくすぐには治りにくいデータがあるため、予防に対する意識や迅速な手当が大切です。
くしゃみや鼻水、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロする異物感などの花粉症の辛い症状は、アレルギーの誘因である花粉の飛び散る量に比例しているかのように悪くなってしまうデータがあるとのことです。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も患者数の多い中耳炎で比較的子供に多く起こる病気です。強い耳痛や38度台の発熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、膿が流れる耳漏などの様々な症状が現れるのです。
グラスファイバーで作製されるギプスは、強靭で軽量で着け心地が良い上に耐久性に優れ、雨などで濡れてもふやけずに使えるというメリットがあり、今のギプスの人気製品と言われています。
インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20代〜30代の男の人多い傾向があり、ほぼ股間の周辺だけに拡大し、激しい運動をしたり、風呂に入った後など身体が熱くなると激しいかゆみをもたらします。
通常の場合は骨折を起こさない位の弱い圧力でも、骨の一つの個所に何度も持続的にかかることにより、骨が折れることがあるので気を付けなければいけません。
今、若い世代で咳が続く結核(けっかく)に対抗できる抵抗力、すなわち免疫力を持たない人々が多くなっていることや、自己判断のせいで受診が遅れることに縁る集団院内感染の発生頻度が高くなっているようです。
UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特徴があるので大気中のオゾン層を通る際にその一部が吸収されますが、地表まで届いたUV-Bは肌の表皮の中で細胞のDNA(遺伝情報)を破損させたりして、肌に悪影響を与えることが明らかになっています。
塩分や脂肪分の大量摂取は避けて自分に合った運動に励むだけでなく、ストレスを蓄積しすぎない毎日を心がけることが狭心症の素因である動脈硬化を予め防止する知恵です。
気分障害のうつ病では脳内の神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、不眠、憂うつ、強い疲労感、食欲不振、体重の減少、強い焦燥感、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図等の症状が見られるのです。
悪性の腫瘍である卵巣ガンは、通常であれば人体をガンから保護する役割を果たす物質を作るための鋳型みたいな遺伝子の不具合で発症する病気です。
近年患者数が増加している花粉症とは、森の杉や檜、松、ブタクサなどの草木の花粉が元凶となって、クシャミ・目の痒み・喉の痛み・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を起こしてしまう病気だということができます。